アロハスピリット
ご注文は便利なフリーダイヤルで
0120-236-722
年中無休 9:00〜21:00
携帯電話・PHSからもOKです!
日本語 | English
サイトマップ

トップページ アロハ!ノニ ペット専用ノニ ノニ ギフト ノニって何? 総合案内 法人のお客様 バケーションレンタル
アロハ!ノニ® 100%ジュースが出来るまでノニ!大好き!
トップページノニって何?ノニ!大好き!> 14:ノニ戦争
ノニについて  
 
  14:ノニ戦争  

ノニ農場の木々 ノニ農場を2時間ほどかけてゆっくりと見学する間に、だんだんと責任者の話はお金のことに変わっていきました。
私にとっては未知の商売であり、果たして日本にマーケットがあるかどうかもわかりません。それを説明しても「だいたいどれぐらいの量を輸入したいんだ?小売価格はいくらぐらいにするんだ?」と数字のことばかりです。私はこの時点で、彼に対する信頼がゆらいできました。
こちらが「ノニジュースを実際に作っているところを見せてください。」と頼むと、「ここにはありません。ヒロの街に倉庫があって、そこで作っています。」と言うばかり。でも、ノニ農場のあちこちに、大きなコンテナが置かれていて、その中には熟したノニらしきものが見えています。でも、そこへは近づくこともできませんでした。
私の知りたかったことの半分もわからず、農場の見学は終わってしまいました。

別れ際に、彼はサンプルとして1リットル程度のジュースをくれましたが、ノニジュースがどのように作られているのか?はとうとう見せてもらうことができませんでした。
もし、あの農場の空き地にあったコンテナでジュースが作られているとしたら、衛生面の点で自信を持って輸入することができないし、日本の食品検査には合格しないでしょう。
まだ最終的な輸入の商品でサンプリングでの試験を受けていなかったのが幸い、再度、ジム社長に連絡をとり、実際に作っている工程を説明してもらえるように農場責任者に頼んでもらうことにしました。
そして納得できない場合は、輸入の手続きを止めるつもりでした。

翌日、農場責任者から電話がありました。
ジュースを作るところ見せてくれるのかと思えば、彼は唐突にジム社長を抜きにして直接取引きをしないか?と持ちかけてきたのです。これには驚きました。
もちろん、すぐに断りました。そして、ジム社長にこの話をすると、とてもショックを受けていました。友人だと思っていた農場責任者の裏切り行為です。
ハワイに咲き乱れる美しいハイビスカスのイメージ

当時、ノニを扱う農場や業者の間では「ノニ戦争」と呼ばれるほどのノニを巡る争いが起きていました。アメリカ本土ではすでに大きな話題になっていたノニ。ノニを扱う業者は新しい顧客がいれば、どうにかして独占しようと躍起になっていました。
私などはまったくの新参者でしたが、日本へのマーケットの手がかりとしての可能性は大きいわけです。農場の責任者が直接商売をしたがるのも無理ありません。
それにに油を注ぐように、ノニ果実の奪い合いまでありました。夜中に商売敵の農場に忍び込んで果実を盗み暴力沙汰になったり、野生に生育しているノニをジャングルに分け入って取り尽してしまったり。
ハワイアンにとっては神聖とされる場所やノニの木々までも、ノニ戦争のお陰で荒らされてしまったとの話も耳にしました。大きな農場を持っていれば商売は安泰というわけではなく、農場同士のいざこざや働き手の奪い合いなど、のんびりしたハワイ島の風景・風土からは想像できないようなバトルが繰り広げられていました。

ノニを輸入することのハードルは、ますます高く、険しくなるばかり。ノニ戦争の一旦に私も関わっているのかと思うと、なんだか悲しくなってしまいます。
滞在の時間は刻一刻と短くなり、諦めの境地の私は美しい海を楽しむこともできず、ただ、ノニのことばかり考えていました。


< 13:ノニの農場へ 15:ホームメイドノニジュース >
※「ノニ!大好き!」の目次はサイトマップにあります。
※ハワイ島ヒロについて書いているブログはこちら

アロハスピリット
千葉県四街道市大日428-40
電話&FAX:043-424-4840
e-mail: aloha@aloha-spirit.biz

Copyright © アロハス ピリット All rights reserved.